2011年08月18日

十勝の旅 8/10編 パート4

どんどん遅れている十勝の旅
8/10の最後の分です。
六花の森を後に宿泊先の帯広市内に入ったのが5時
夕食はE*gardenのお客様の岡○さんに教えてもらった鯨岡へ行こうと決めていたので、まっすぐそこへ〜。
結局今日一日ピッザと途中で買ったトマトを食べながらなんだかちゃんと食べたという実感がないままだったので最後の締めくくりの夕飯だけが楽しみで^^。
夕暮れ時繁華街に繰り出し始めた人を横目にそれとは反対に人通りのない暗めの駅裏方向にホテルから散歩しながら向かいました。
ホテルに着く前に場所はチェック済みだったので難なく到着。(笑)
途中ぱんちょ(ブタドン)には長蛇の列でした。
私たちも10数年前に並んだ事あります^^

kujiraoka1.jpg
普通の一軒や

kujiraoka2.jpg
感じのいいママさんがお手伝いの女性と営んでいる小料理やさん。
ジャズが流れて落ち着いたいいお店で大人な感じが私たちには良かったです。
6時の開店と同時に行ったので貸切でビールを飲みながらおかみさんの美味しい手料理を食べてやっと一息ついて満足満足♪

kujiraoka3.jpg
どうだ!という気取りはなく、でも十勝の食材を一つ一つ丁寧に調理して出してくれどれひとつとして手抜きのない味で全てが美味しかったんです。
冷奴の調味醤油も田楽ミソも美味しい仕上げで御豆腐がまた美味しくて「美味しい御豆腐ですが決まったお豆腐やさんのものですか?」と聞きましたらおかみさんの手作りなんだそうです!!
濃くがあって本当に美味しかった♪
当然十勝の豆でつくってるんですよねきっと。
どれもそんな感じで普通の家庭料理なんですがおいしいんです。
作れるものはすべて手作りなんでしょうね〜
そして何もそれに関してコレはどこ産の何を使ってああしてこうしてというなんの能書き説明もしない。
食べれば判る人はわかるという潔い心根が気持ちよい。
一通り見繕って出してくれてその後メニューから追加してくださいということだったのですが、ご飯(雑炊)やあと1~2品食べたかったのですが、充分お腹がいっぱいになって(ビールも飲んだので)食べられませんでした。
サッポロにもこんなお店があったらいいのにな〜
帯広に行ったら晩御飯はここにまた行くと思います。
サービスで出してくれたたっぷりのキュウリの浅漬けのおつけものも美味しかったです^^

kujiraoka4.jpg
この煮ブタはホント美味しかった☆
十勝のいいブタをつかったものなんでしょう〜
ほろっと柔らかくて旨みのある美味しいお肉でした。

kujiraoka5.jpg
小ジョッキ3分の2程飲んでほろ酔い気分でホテルに戻り、サッカーの素晴らしい日韓戦をベッドのごろんとなって観戦♪
極楽極楽(*^-^*)
この旅行1週間ほど日程を延期したので最初予定していた北海道ホテルではなく六花亭本店前のビジネスホテルになりましたが、なかなか良かったです♪
モール温泉の大浴場(といっても小さめですが充分)があって綺麗だし夜と朝と2回入りました。
朝ごはん(無料)もついていて定山渓の温泉ホテルの安いパック(今回と同額程度)なんかよりずっと気を使っていて美味しかった。
配膳で働いているおばさんたちもとても感じよくてよかったし。
なによりベッドが大きくて良かったですよ
中心街にあってデパートは道路を渡ればすぐ、飲食店もいっぱいあって便利でした。
これで十勝の一日目は無事終了
posted by えり子 at 07:40| Comment(0) | レジャー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: