2011年01月19日

去年(H22-6/29)のバラの庭

TOPページのバラについて、ご質問のメールが来ています。
せっかくなので皆様にもちょっとした私の感想も添えてブログでお話しようかと思います。
いつもいつもバラが咲いているときは庭の仕事(手入れ)とお店のことで手いっぱい!!
フル稼動で落ち着いて庭やバラを鑑賞している時間って一日のうちほんの僅かのような気がします。
そしてブログの中でも詳しくバラや植物のお話もできず〜更新する事すら大変で時間に追われて走っている自分がいます。
たぶん今年も〜〜 そうなると思います〜 ><;;
だから冬の間くらいご質問に丁寧に答えたり植物の話をふんだんにしたほうがいいのですよね。

TOPページの塀に誘引しているバラはコーネリアと言います。
チャーミングな花色(蕾がまた可愛らしい♪)と小中輪(3〜4cm)でトゲの少ないしなやかな枝は誘引しやすく意図したシーンを楽に作る事が出来ます。
私はペパーミントグリーンの板塀にはこのコーネリアを是非是非持ってきたくて、鉢で育てることに決めました。
見ごろになったころを見計らってコーネリアの鉢をヨッコラショと奥から持ってきてまるでずっとそこにあったように塀に誘引して見せています。(演出演出♪)
そこの地面はアスファルトで固められているのでバラが植えられないんですよ ^^;;
10-6-29g11.jpg
2.5m位になるとカタログにはありますが、私のはまだそこまでは伸びていません。
花つきがよくカップ咲きの花が房になって咲く---らしいのですが
私的にはブラッシュノアゼットか?と思う程の房咲きにならなくてもこの程度のほうがかえって好きです。
光沢があり明るい葉もとてもとても綺麗です。
葉っぱ&花(小輪八重の房咲き)&丸くて可愛い蕾の組み合わせがとても素敵。
花色=ピンクにアプリコットを含ませた微妙なサーモンピンク。
シベが黄色くアプリコットがかったピンクのハナビラととてもマッチしています。
たくさん咲くと最初に咲いた花から白っぽく退色していって濃いピンク〜淡いピンクのグラデーションになってアプリコットや黄色(シベ)がアクセントになってそれらの色の混ざり具合が魅力的です。
↑の写真は全て八重に開ききって色も薄くなったところです。
私が今まで見たコーネリアは私のコーネリアと差ほど変わらない大きさの苗木なので、北海道でどこまで大きくなってどこまでの房咲きになるかは、ちょっとわかりません。
でも今のところ私はこのままでも気に入っていますよ♪

コーネリア ⇒ ハイブリットムスク (CL)
強くはないけどムスクのいい香り
二季咲き・・・繰り返し咲き----カタログによって書き方がちがいます。
(うちでは二季咲きでした。)
秋にもよく返り咲きライラックを帯びた繊細な花色になる---と書いているカタログもありますが、
わたしのはまだ株が充実していないからか北海道だからかたくさんは咲きませんでした。
今年はもう少し成長してどうなるのか楽しみです。
(そういえば去年は追肥を忘れていたから花が少なかったのかも^^;;)

コーネリアの上に咲いている一重のバラは
ロサ・ニチダ アメリカのSP(原種)----一季咲き
(TOPページの写真のほうがよく解ります)
ローズピンクの一重咲き(3〜5cmの小中輪)
細い枝に柔らかい細かいトゲが密生して2〜3輪の花を咲かせる。
矮性(せいぜい1m弱くらい)、木と言えないような細い茎が地面からいっぱい出てきます。
高さは好きなところで切り戻して宿根草のように管理出来る。
地下茎でドンドン増えて広い面積をニチダでうめることも出来る。
増えすぎたらてきとうな所でスコップをいれて宿根草のように株分けできる。
小さな葉の秋の紅葉と真っ赤なまん丸のローズヒップがとても綺麗。
虫、病気知らず!
ほとんど放ったらかしでOK.


10-6-29g22.jpg
一番上で木製アーチに登らせている縞バラは オノリーヌ・ド・ブラバン
ブルボンローズ
四季咲き----といってもうちでは返り咲き(2度目はたくさんは咲かない---うちでは^^;;)
最初ダンマリを決め込んで成長しなかったが、年とともに伸長めざましくよく伸びてくれた。
今年あたり上まで行くかも♪
花つきはとても良いと思う。

コーネリア〜ニチダ〜オノリーヌ・ド・ブラバンと塀を越えてアーチにバラが連なるように配しました。

オノリーヌ ド ブラバン 画像追加(1/27)
tsuiki-honorine-de-brabant.jpg
オノリーヌ ド ブラバン
ブルボンローズ 四季咲き
棘が少なくて扱いやすく枝も細く縦に伸びる性質なので小型のクライミングとして扱うのが良いと思います。
中輪(7~8cm)の可愛いカップ咲き。大輪じゃないので縞バラでも強すぎる印象はなく私的には周りに溶け込んで咲いてくれるので目立ちすぎるほどではなく<庭植えには有り>と思います。(1/27追記)


バラは固体での好き嫌いもありますが、どんなシーンをどのように作りたいか考えて花選びをするのが良いと思います。
環境にあっているバラかどうかも重要。(日陰日向〜ツルかブッシュかなど)



ついでに6/29の画像から、懐かしいシーンをもういちど♪
10-6-29g33.jpg
頭上高く咲く、左のピンクのバラがパールメイディランド
右側の白っぽいのがペネローペ

(このバラの感想は---後ほど)


10-6-29g44.jpg
ER シンベリン (好きな香りです♪)

(このバラの感想は後ほど)

10-6-29g55.jpg
ERシンベリンのアップ。ジューンーベリーの木(3M弱)まで這い登っています。

(このバラの感想は後ほど)

10-6-29g66.jpg
ブル・ド・ネージュ

(このバラの感想は後ほど)


10-6-29g77.jpg


こんな風に咲いていたんですね〜
自分で言うのも厚かましいですが 綺麗ですね〜 ^^;;
今年も愛情をいっぱい注いで、また私の庭をお客様に見ていただかなくっちゃね^^
花を見ながらおしゃべりするのが一番楽しいですよね(*^-^*)

ちょっと時間がなくなりましたので、後日---(このバラの感想は後ほど)--を
書き足すことにして一旦ブログを閉じることにします。

また見に来てください^^
posted by えり子 at 16:14| Comment(2) | 園芸
この記事へのコメント
えり子さん大変ご無沙汰しております。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

このところパソコンはすっかり息子の私物化に近く
私の番!と思った時には瞼が半分おちてきてます。
えり子さんの写真を拝見しておかげさまで癒されました〜♪
先日家族でコーチャンフォーへ行き、それぞれお気に入りを選んでる中
私は久しぶりにガーデン本を欲張って立ち読みしていました。
その夜、なんと夢にえり子さんが現れました〜(^^)
出演料払わないと!(笑)
で、結局買ったのは‘バムケロ’でした(爆)
えり子さんのブログで十分です!!
セコイかな(^_^;)

昨日、職場のそば屋で冷たいそばがけっこう出ていまして
帰るとき外に出たら日差しが元気になっているように感じました!!
雪かきと、花と緑の禁断症状でうんざりしていたので
ちょっぴり嬉しい気持ちになりました^^

春よ〜早く来い!来い!





Posted by ひまわり at 2011年01月26日 17:05
ひまわりさんへ
お久しぶりです〜こちらこそ今年もよろしく^^
お元気そうですね
私も冬篭り生活のなかでモゾモゾと暮らしておりましてそろそろ体を動かし始めようと思っているところです^^;;

夢出演?嬉しいな〜こんな私でよければボランティアで何度でも出演しますよ(笑)
ほんと早く 春よこい ですね。

私も1週間に1回の割りでコーチャンフォーに行っています(夜が多い)
立ち読みしてて足腰がだるくなってきます(笑)
そしたら通路にある椅子に腰掛けて---コラコラ ^^;;

バムケロ 全然セコクナイです!いいです!
私も絵本大好きで自分のために3年位前からまた買うようになりました。
雑誌は立ち読み流し読み〜最後にレジに持っていくのは絵本ということも時々あるのでひまわりさんのお話を読んで笑っちゃいました。
この冬も私は絵本を見て和んでいますよ♪
ブログに絵本の話を書こうかな〜とも思っていたところでした。

冷たいおそば 食べたくなっちゃいました^^
あと2ヶ月で庭生活に戻れます。
がんばりましょう♪
息子さんの合間を縫ってまた来てくださいね。
久しぶりにひまわりさんの訪問を受けて春への弾みがつきました(*^-^*)
どうもありがとう♪
Posted by えりこ at 2011年01月27日 07:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: