2012年02月12日

東京2日目 パート2

あっという間の午後1時半;;
発注や予約のまとめやあれこれやっていたらお昼を過ぎていました(汗汗)
孫が一人熱を出して今病院へ〜インフルエンザじゃないといいけど;;

今、ご飯が炊けるまでの間にすこしでもブログ更新しておこう〜

2/7(東京2日めの続き)
代々木を後に恵比寿のfarmer`s table(ファーマーズテーブル)へ
雑誌などで見て一度行ってみたかったお店。
アンティーク雑貨を主に店主の石川さんが選んだ現代の雑貨を集めたお店で、よくあるファンシーな雑貨屋さんじゃなくてもっと大人なお店。
毎日きちんとお店に立って整理整頓されていると聞いたとおり一つ一つきちんとディスプレーされお店まるごとが石川さんの目と神経と愛情が込められていて、ゆったりとしていて 良かった♪
お店の中は撮影はできませんのでホームページを検索してください。
ebis1.jpg
ファーマーズテーブルの入っている古いビル
道しるべがおしゃれですね^^
カルピス本社の隣です。

ebis2.jpg
エレベーターはなく階段をえっちらおっちら。。。
3Fと4Fの間の踊り場にあったメッセージ
思わず笑みが浮かび、おっかない人じゃなくてあたたかい人かなという予感^^
横にイスが置いてあり5分後の開店時間まで腰掛けて待ちました。

ebis3.jpg
この扉を開けると中は広々していて、こういう品揃えで価格でやっていけるのは東京だからかな〜
羨ましいです。
もちろんお人柄の良さも大いに関係していると思います.

ウチは植物を扱うのが本業ではありますが、自分が好きでいいな〜と思う雑貨も価格帯を考えずに置けたらいいなぁ〜とおもうことがあります。
でも今はそこそこレプリカや形も感覚のいいものもあるのでわざわざ他人が古くして値段がつりあがったものでなくても自分が長年つかって時間をともに過ごして古くなっていったもの☆いいと思います。
値段じゃないんですよね。
古くても新しくても大切に長く使ったり飾ってもらえるものを、できれば手ごろな価格で手に入るものを提供していけたらいいかなと思います。


このあと、アンティークの仕入れに行きました。
プライベートではあれこれと目がキョロキョロしますが(笑)、お店に置くものは数点選んでおしまい。
買い付けは少量ですが今何が奪い合いで買われていくのか、またどんなものが日本に入ってきていていくらぐらいで売買されるのか知るのも楽しい勉強です。
園芸ショップのバイヤーが数年前と比べて激減している感じがしました。園芸用品(アンティークのジョウロとかetc)あまり売れていませんでしたし、以前は奪い合いだったんですよ。
大変な世の中で景気の悪さの現れでしょうか。
仕入れも難しい・・・
でも生活を色々工夫しながら今を頑張る大人たちもお気に入りのものを身の回りに置くことで、どれだけ気持ちが豊かになれるかって思います。
それって無駄遣いとは違いますよね〜
shiire2-7.jpg
今回は花の絵柄のついたお皿なども入れてみました。状態がいいので日常使用しても飾ってもいいと思います。
四角い形のアネモネの絵柄のものは古い缶。ステンドグラスは此処と次の日に行ったギフトショーでも購入。
今年は庭道具類や外で使うものというより花をモチーフに使った小物と言う感じの仕入れになりました。

posted by えり子 at 13:40| Comment(6) | 日記