2011年07月07日

今年の花は大きい  庭便り2011/7/6

バラやクレマチスの花が今年はなぜか大きいのです。
気候のせいでしょうか?

今週は雨の月曜日のスタートで休日がもらえてうれしかったものの
その翌日は朝から雑誌の撮影ということで朝5時から雨でひどいことになっている庭の手直しに必死になりました ><;;
本当は4時から始めるべきでした・・・起きてはいたのですが・・・甘かった!

どうにか間に合ったというところで万全の体制で撮影してもらえる感じではなかったのが残念ですがそれでも雨降りよりは良かったかな^^;
撮影の終り近くにはお客様が入ってきて休む間もなくそのまま開店〜営業活動へと流れていきダーっと一日が過ぎたという感じでした。
そんなこんなでドッと疲れて、その翌日の昨日がこれまた暑くてグッタリ 只今ワタクシ失速気味^^;

でも今週は色々スケジュールいっぱいで仕事とそれらをどううまく織り交ぜてこなすかということで特に緊張しています・・・
あ〜もう一人私がほしい〜〜〜


昨日のバラ中心に庭便りをどうぞ

11-7-6a.jpg
11-7-6b.jpg
両手で持ちたくなるような、大きく咲いたピエールドロンサール

11-7-6c.jpg
うちの看板娘だったパールメイディランド
今年は悲惨です!
ほとんど枯れこみ、寿命かな〜と思いましたがそれでも細い1本の新しいシュートと枯れたような枝にほんの少し花を咲かせました。

11-7-6d.jpg
株元はこんなです〜 ><;;
もう娘さんではなくおばあちゃんです〜〜
私もいずれは こうなってああなってそうしてこうして終わっていくのだ〜〜
この世に生を受けた生けるもの全てに定められた平等の運命だもの。
草木も動物も虫もそして人も皆同じ。
地球規模、宇宙規模で考えたらみんなチッポケでみんな同等。

11-7-6e.jpg
数年前に移植してから新しいシュートが出ず、それでも毎年少しは花を見せてくれるザ・ナン(ER)

11-7-6f.jpg
ペネロペ

11-7-6g.jpg
ペネロペ
小道の頭の上を見上げるとシンベリンとコラボして咲いている。
ペネロペはこんな風に大木化してから良さがわかったバラ。

11-7-6h.jpg
ブレダン 今が満開

11-7-6i.jpg
サレット
ずっとこれでもかというくらい花を満開にしつづけている優秀なバラ
一番いい場所に植えている。
花色は鮮やかだけれどイングリッシュローズのような華やかさはないからかあまりお客さんに花の名前を聞かれない。。。
この花の名前は?と聞かれるのは圧倒的にイングリッシュローズが多い。
私はサレットもいいバラだとおもうけど。
花季が長く多花性----いっしょに咲き始めたバラがもう終わっていたりするのにまだまだふんだんにツボミをかかえているんですよ〜

11-7-6j.jpg
サレット(モス)とセプタードアイル(ER)のまわりで増えてきたカンパニュラ・ウエディングベル

11-7-6k.jpg
イングリッシュガーデン(ER)
狭いところに植えていて、小道を通る人に引っかからないように横枝をいつも切っているので背高ノッポになってしまったイングリッシュガーデン

11-7-6l.jpg
この写真☆とっても気に入っていて私の庭の雰囲気をとてもよく出せたと思っている。
木々にまじってバラが咲いているという様子がよく出たかな^^

11-7-6m.jpg
陽射しが強くなるとこんな風に仕立てた場所が心安らぎます。

11-7-6n.jpg
ヤマアジサイ、紅(クレナイ)が今、純白の可憐な花を満開に咲かせていてとても綺麗です。
このあと白からなんと紅色に花色が変化していきます。
その紅色もなかなかシックないい紅色なんですよ^^


春植えた一年草苗もすべて抜いて次のものと植え替えます。
そろそろ下草も整理して {ぐっちゃり混植の春庭}から{風通しの良い夏庭}にしないとね〜

今日も暑いのかな・・・

posted by えり子 at 07:21| Comment(6) | 園芸