2011年03月13日

大変な事に!東日本大地震

11-3-10c.jpg


寄せ植えのための花を買い込んでニヤニヤしていたら大変な大地震が起きていました。
あまりの惨劇にもう言葉も無くただじっと見守るしか術がないというのが直接被害がなかった日本国民の今の姿だと思います。
今はただ心配して祈り見守りながら危険の中現場で救済に当たってくれている関係所管の人たちや政府、そして差し伸べられる世界各国の救助の手にこの気持ちを託すしかありません。
どうか恥かしくない対応を日本政府に望みたいと言う気持ちです。
今までのことはさておいてここは世界に恥をさらさないようにしっかり今こそ国民を守って日本人の底力を見せて欲しい。
とにかく今は一人でも多くの助けられる命を救うため迅速な判断と行動とリーダーシップを願うのみ。
そして民間レベルでもこれから自分にはどんな手助けが出来るんだろうかと考え始めている人がきっとたくさんいると思うし結集して大きな力になると思う。
だからとにかく今はただ被災者には諦めず頑張って欲しいし救済の手を待っている人たちにもなんとか助け出されるまで踏ん張って欲しいと祈るような気持ちでいる。
日本国中どこで起きてもおかしくない地震の災害、皆自分のこととして真剣に考えざるを得ない。


私的なことでノンキに日常のブログを更新ができなかったここ2日間。
とりあえず東京の兄や友人、茨城の親戚、このブログにも遊びに来てくれる花友達のkatatakaさんやアンジェラさんの無事も確認、函館の花友、親戚も無事 ホッ
園芸資材の卸の会社や苗を生産しているところも被害を受けているところがあるかもしれない。
流通もこれからどんなことになるのか---
でもとにかく今はこれ以上被害が大きくならずに早く取り残された人が救出されることを祈るのみ。

11-3-10d.jpg



僅かながら我が家にも地震の影響がありました。
地震のあった日息子が早朝に函館に出張のため出かけていました。
なんとか連絡がとれかなり揺れたという話でしたが、夜までかかる仕事はそのまま続行。
深夜の夜行列車で帰宅するはずが帰れなくなり函館に足止め。
次の日函館空港から千歳に飛行機で9:30に到着しました。
実はその日朝の飛行機で名古屋に出発することになっていてどうしても予約していた9時50分に搭乗しなければいけないという切羽詰った事情がありました。
家へ戻る時間は当然ないので朝早く私が名古屋行きのための彼の荷物を千歳まで持って行き先に持ち込み荷物として預け、息子は私と顔をあわせることなく名古屋行きの便に乗り換えて出発していきました。
こんな時に本州に送るのも心配でしたが中止できない予定の事だったので仕方がありません。
空港は早朝にもかかわらず人でごったがえしていて、今回の地震の影響がここまであることのリアルな現状をみて驚きました。
成田に降りられない外国便が千歳にまわったためもあったらしくかなりの数の西洋人をみました。
最近は外国人でも東洋の人がほとんどになっていたので驚きでした。
chitose1.jpg

chitose2.jpg
たぶん飛び立った時間からするとこの飛行機に乗って行ったと思います。
今日深夜に帰ってくるはずですが、家族が離れていると言うのは不安なものですね。
とくにこういうときは---顔を見るまで心配です。
posted by えり子 at 11:27| Comment(0) | 日記