2011年01月27日

日が少し長くなったと感じています

冬至の頃より日没が30分くらい遅くなっているようですね。
帰りが夕暮れ時にあたるような外出のとき、「あ! 日が長くなっているな♪」と感じ嬉しくなります。
そして日中もふと春の気配を感じる陽射しと空気感にウキウキします。
まだまだ気を許す事は出来ない事を知りつつも、春は確実に近づいている事を知るのはやはり心が浮き立ちます。
待ち焦がれて。。。の春ですから(*^-^*)

11-1-27.jpg
過去の画像から春を想って♪
フェアビアンカと草花達

しばらくブログアップしていなかったので、綺麗な画像をあげてみました。

去年からの引きずりの仕事がなかなかすっきりと終わらず、その上カタログでの品定め、パソコン入力などで首肩コリコリです><;;

2~3年前から絵本を自分のためだけに(子育て中以来久し振りに)買うようになりました。
子育てのころからよく見ていた絵本から最近(私にとっては)新しく出版された絵本まで本屋さんの絵本売り場で見て歩くのがここ数年の楽しみです。
去年か一昨年買ったうさぎの絵本---これ最近のお気に入り♪
今年は兎年なのでちょっとご紹介
そして自分が兎年なので兎が出てくる絵本はまず手にとってみます。
先ず絵本は絵がポイント
話が良くても絵が好きでなければ買いません。
もし本屋さんに行ったら手にとって見てください。
絵本こそその人の感性で選ぶもの。ひとそれぞれに心や視覚に響いてくるものは違いますからね。
11-1-27b.jpg


〜〜〜〜〜〜〜〜**〜〜〜〜〜〜〜〜〜

話は変わりますが、気に入っていたケイタイのストラップが壊れました ><;;
頭の上のネジが取れて飛んでしまいました。
今は本棚の上で私を花の世界に呼んでくれます。
和むんですよ〜
この上目遣いがなんとも言えないでしょ^^
ムーミンの世界も大好きです。
11-1-27a.jpg

とりあえず元気でやっています。
バラのリストなども早く載せないとって思いながら1月が終わろうとしています。
急がないと アセアセ


あ、先日のブログにオノリーヌ・ド・ブラバンの画像と追記を追加しました。
posted by えり子 at 09:28| Comment(2) | 日記

2011年01月19日

去年(H22-6/29)のバラの庭

TOPページのバラについて、ご質問のメールが来ています。
せっかくなので皆様にもちょっとした私の感想も添えてブログでお話しようかと思います。
いつもいつもバラが咲いているときは庭の仕事(手入れ)とお店のことで手いっぱい!!
フル稼動で落ち着いて庭やバラを鑑賞している時間って一日のうちほんの僅かのような気がします。
そしてブログの中でも詳しくバラや植物のお話もできず〜更新する事すら大変で時間に追われて走っている自分がいます。
たぶん今年も〜〜 そうなると思います〜 ><;;
だから冬の間くらいご質問に丁寧に答えたり植物の話をふんだんにしたほうがいいのですよね。

TOPページの塀に誘引しているバラはコーネリアと言います。
チャーミングな花色(蕾がまた可愛らしい♪)と小中輪(3〜4cm)でトゲの少ないしなやかな枝は誘引しやすく意図したシーンを楽に作る事が出来ます。
私はペパーミントグリーンの板塀にはこのコーネリアを是非是非持ってきたくて、鉢で育てることに決めました。
見ごろになったころを見計らってコーネリアの鉢をヨッコラショと奥から持ってきてまるでずっとそこにあったように塀に誘引して見せています。(演出演出♪)
そこの地面はアスファルトで固められているのでバラが植えられないんですよ ^^;;
10-6-29g11.jpg
2.5m位になるとカタログにはありますが、私のはまだそこまでは伸びていません。
花つきがよくカップ咲きの花が房になって咲く---らしいのですが
私的にはブラッシュノアゼットか?と思う程の房咲きにならなくてもこの程度のほうがかえって好きです。
光沢があり明るい葉もとてもとても綺麗です。
葉っぱ&花(小輪八重の房咲き)&丸くて可愛い蕾の組み合わせがとても素敵。
花色=ピンクにアプリコットを含ませた微妙なサーモンピンク。
シベが黄色くアプリコットがかったピンクのハナビラととてもマッチしています。
たくさん咲くと最初に咲いた花から白っぽく退色していって濃いピンク〜淡いピンクのグラデーションになってアプリコットや黄色(シベ)がアクセントになってそれらの色の混ざり具合が魅力的です。
↑の写真は全て八重に開ききって色も薄くなったところです。
私が今まで見たコーネリアは私のコーネリアと差ほど変わらない大きさの苗木なので、北海道でどこまで大きくなってどこまでの房咲きになるかは、ちょっとわかりません。
でも今のところ私はこのままでも気に入っていますよ♪

コーネリア ⇒ ハイブリットムスク (CL)
強くはないけどムスクのいい香り
二季咲き・・・繰り返し咲き----カタログによって書き方がちがいます。
(うちでは二季咲きでした。)
秋にもよく返り咲きライラックを帯びた繊細な花色になる---と書いているカタログもありますが、
わたしのはまだ株が充実していないからか北海道だからかたくさんは咲きませんでした。
今年はもう少し成長してどうなるのか楽しみです。
(そういえば去年は追肥を忘れていたから花が少なかったのかも^^;;)

コーネリアの上に咲いている一重のバラは
ロサ・ニチダ アメリカのSP(原種)----一季咲き
(TOPページの写真のほうがよく解ります)
ローズピンクの一重咲き(3〜5cmの小中輪)
細い枝に柔らかい細かいトゲが密生して2〜3輪の花を咲かせる。
矮性(せいぜい1m弱くらい)、木と言えないような細い茎が地面からいっぱい出てきます。
高さは好きなところで切り戻して宿根草のように管理出来る。
地下茎でドンドン増えて広い面積をニチダでうめることも出来る。
増えすぎたらてきとうな所でスコップをいれて宿根草のように株分けできる。
小さな葉の秋の紅葉と真っ赤なまん丸のローズヒップがとても綺麗。
虫、病気知らず!
ほとんど放ったらかしでOK.


10-6-29g22.jpg
一番上で木製アーチに登らせている縞バラは オノリーヌ・ド・ブラバン
ブルボンローズ
四季咲き----といってもうちでは返り咲き(2度目はたくさんは咲かない---うちでは^^;;)
最初ダンマリを決め込んで成長しなかったが、年とともに伸長めざましくよく伸びてくれた。
今年あたり上まで行くかも♪
花つきはとても良いと思う。

コーネリア〜ニチダ〜オノリーヌ・ド・ブラバンと塀を越えてアーチにバラが連なるように配しました。

オノリーヌ ド ブラバン 画像追加(1/27)
tsuiki-honorine-de-brabant.jpg
オノリーヌ ド ブラバン
ブルボンローズ 四季咲き
棘が少なくて扱いやすく枝も細く縦に伸びる性質なので小型のクライミングとして扱うのが良いと思います。
中輪(7~8cm)の可愛いカップ咲き。大輪じゃないので縞バラでも強すぎる印象はなく私的には周りに溶け込んで咲いてくれるので目立ちすぎるほどではなく<庭植えには有り>と思います。(1/27追記)


バラは固体での好き嫌いもありますが、どんなシーンをどのように作りたいか考えて花選びをするのが良いと思います。
環境にあっているバラかどうかも重要。(日陰日向〜ツルかブッシュかなど)



ついでに6/29の画像から、懐かしいシーンをもういちど♪
10-6-29g33.jpg
頭上高く咲く、左のピンクのバラがパールメイディランド
右側の白っぽいのがペネローペ

(このバラの感想は---後ほど)


10-6-29g44.jpg
ER シンベリン (好きな香りです♪)

(このバラの感想は後ほど)

10-6-29g55.jpg
ERシンベリンのアップ。ジューンーベリーの木(3M弱)まで這い登っています。

(このバラの感想は後ほど)

10-6-29g66.jpg
ブル・ド・ネージュ

(このバラの感想は後ほど)


10-6-29g77.jpg


こんな風に咲いていたんですね〜
自分で言うのも厚かましいですが 綺麗ですね〜 ^^;;
今年も愛情をいっぱい注いで、また私の庭をお客様に見ていただかなくっちゃね^^
花を見ながらおしゃべりするのが一番楽しいですよね(*^-^*)

ちょっと時間がなくなりましたので、後日---(このバラの感想は後ほど)--を
書き足すことにして一旦ブログを閉じることにします。

また見に来てください^^
posted by えり子 at 16:14| Comment(2) | 園芸

2011年01月18日

大雪;;  過去の庭写真から春を呼び込む

niwa-kako.jpg


雪よく降ります****
雪捨てに苦労する程の大雪!!うんざりですね〜
みなさんお疲れではありませんか?

朝から過去の庭の写真を眺めて癒されておりました。
そこには家屋まで雪に埋もれそうな今の景色からはとても想像できない楽園のマイガーデンが♪
昔の画像も、見るとちゃんと覚えている自分にびっくり。
それが何年の庭かはさっぱり覚えていないけど、そのときの植物や庭のことはちゃんと思い出せます。
あ〜そうだったそうだった。。。とかね^^
私のブログに遊びにいらしてくださったみなさんにもおすそ分けしますね^^
3〜4ヵ月後にはこうなっていますから、しばしのガマンですよ〜
雪かきがんばりましょう〜

niwa-kako1.jpg

niwa-kako2.jpg

niwa-kako3.jpg

niwa-kako4.jpg

kako-niwa5.jpg

kako-niwa6.jpg
う〜ん 早く庭に出て春の香りに包まれたいですね(*^-^*)
posted by えり子 at 11:59| Comment(2) | 園芸

2011年01月15日

どんど焼き

11-1-15a.jpg

今日はどんど焼き
青空が見える良いお天気で、まさにどんど焼き日和となった。
またお天気が崩れないうちに行かなくちゃ〜と手稲神社まで古いお札・おみくじ・お守りを持って行って来た。
晴れていたけどシバレテタ〜!! ><;;
とうにお正月気分など抜けているものの、鏡餅開きをしてどんど焼きにも行ってケジメがついた。
さ〜これからは立ち止まらずに先を見て前だけを見てやっていこう。。。


11-1-15b.jpg

11-1-15c.jpg
posted by えり子 at 22:47| Comment(0) | 日記

2011年01月14日

久々のシュウマイ

昨日はピーマンの肉詰めだった。
今日はその余ったひき肉の再利用
今日買い物に行くと白菜が特売だったので閃いた
ぴかぴか(新しい)
下に白菜を敷きつめてシュウマイを蒸せばいい♪
なんとシュウマイの皮がこれまた半額と好都合^^、すぐ使うのだから消費期限ギリギリでもOKOK!
今は白菜が美味しいし蒸し野菜はいくらでも食べられる♪
本日のメニューは手作りシュウマイと蒸し野菜に決定。
shuumai1.jpg
皆でパクパクあっという間
白菜を美味しくするためにベーコンを散らした。。。これが又美味しかった。
これもたまたまお正月に頂いたとんでんファームのベーコンが残っていたもの。

shuumai2.jpg
食事時間に戻れなかった家族の分---お取り置き

最近はちびっこ達がギョウザが大好だというのでギョウザばかり作っていたけど
久しぶりに作ってみるとたまにシュウマイもイイナと思った。
こんどから交互交互にしようかな〜
今回の3倍くらい白菜を厚く並べても良かったかもしれない。
美味しくてもっともっと白菜が食べたかった(笑)
余りモノと特売品で美味しいおかずが出来ると、まあまあいい気分♪
庶民の小さな幸せ(*^-^*)
posted by えり子 at 21:28| Comment(0) |

春の香りのキャンドルを灯して

約3ヶ月ぶりに親しい友と会い3時間ほど話すことが出来た。
お互いにもっと早く会って色々話したかったと二人とも思っていてもそれぞれに多忙とアクシデントに見舞われそれが叶わなかった。
たった3ヶ月の間にそれぞれに大きな変化があった。
50を過ぎて気の許せる友ができたことは幸せで、もう若くないからこそ・・・色々経験を重ねてきたからこそ多くを語らなくても心のうちが分かり合える仲になれたのかな〜と思う。
ゆっくりゆっくりお互いを見てゆっくり時間を掛けて友達になっていった。
そして心を開いて話をしても大丈夫とお互いに思えるようになった。
それがよかったのかな〜^^
また時々会って話そうね^^
11-1-13a.jpg
11-1-13b.jpg
マグノリアのキャンドル
春を待つ冬の夜にぴったりなアロマキャンドル♪
MAGNOLIA(モクレン)の甘い香りが広がる
今日はワインも少し飲んだ。。。甘い香りのアロマキャンドルで気持ちもリラックスした^^
さ〜これでぐっすりと深い眠り誘われるはず----キャビンと物置の雪下ろし労働もたっぷりしたしね(笑)
おやすみなさ〜〜い
posted by えり子 at 00:33| Comment(0) | 日記

2011年01月12日

寒波が続く中 春のこと思ってみましょう♪

picnic3.jpg
寒い冬、ストーブでぬくもりながら庭のことあれこれ思うのもまた楽し♪

picnic4.jpg

picnic5.jpg
芽が出ただけで嬉しい♪土の色も匂いも何でもが嬉しい♪
虫だって(笑)


picnic1.jpg
ピクニックもいいですね^^
古い写真を見ていて見つけました。

picnic2.jpg
右手に つくし 
笑っちゃうくらい ころっころしてます(笑)
癒されてくださ〜い


posted by えり子 at 17:06| Comment(2) | 日記

私の昭和30年代

カタログを見たり注文の苗や品物を絞り込んだり、発注したり---なんだか疲れて
つい気晴らしにブログ更新^^;;

先日芸術の森美術館に行ってすっかり私も昭和30年代のこと思い出してしまいました。
なんの苦労も悩みも無く両親の愛情に守られて一生で一番幸せな時間だったのではないかと思います。
s30a.jpg
展示会場入り口で迎えてくれたのが30年代の札幌駅前の大きなパネル写真
よく見えないと思うけど、路面電車も写っている。
田舎から1時間半汽車に乗って時々母とデパートに買い物にきていたあの懐かしい駅前の風景
五番館の前から電車で大通へ〜
その五番館も西武になり今度はヨドバシデンキに変わることになったらしい---
五番館がなくなるとき淋しいと思ったし、そのあと西武が来る事になってそれはそれで嬉しかったけど、もうその後は私の知ったこっちゃない***
日本全国駅前がみんな電気屋さんになってなにがおもしろいんだろう?・・・

昭和32年父の転勤で北の果て北海道へ!
北海道まで夜行列車に揺られて長い旅をして、子供ながらにエライ遠くへ来たもんだと思ったものでした。
s30b.jpg
北海道に旅立つ時、東京で1泊〜後楽園で思い切り楽しみ
いよいよ上野から汽車に乗ったのです。
母も楽しそう^^

s30c.jpg
函館に着いたところ
全員疲れた顔してます(笑)
当時は夜行列車と青函連絡船を乗り継いで長時間のシンドイものだったんですね。
私はてきとうな帽子の被り方をして、完全に寝ぼけてると思われます(爆)
s30d.jpg
そして、昭和32年の札幌大通り公園

s30e.jpg
昭和33年 ピカピカの1年生になりました。
これが私が北海道に根を下ろした最初で、今ではすっかりホッカイダー代表のような顔して生きてます。
ここから私の北海道物語が始まり、今の私に繫がります。

昔を懐かしがるのは完全に年寄り?なんでも美化したくなる?
いや古い写真を見るとその頃の自分の気持ちが一瞬にして甦るもの。
私の昭和30年代は、難しいことは何もわからなかったから満たされた暖かい思い出しか思い出せない。
posted by えり子 at 16:52| Comment(0) | 日記

2011年01月11日

灯り

「さっぽろ昭和30年代」展------札幌芸術の森美術館へ行ってきた。
大雪・吹雪が治まったところで久々の外出。
車のガソリンを満タンにし、ポータブルストーブ用の灯油を買い、それから額縁やさんに作品を届けに行くというのが主な目的。
出たのが昼食を済ませたあとの1時半ころと遅かったので、美術館に着いたのが3時半過ぎ
案の定 人は少なくて小学生の男の子が一人ノートにメモしながら熱心に学習していたのと年配の夫婦連れが2組。皆先に帰っていった。最後は私達だけで他人を気にせずゆっくり見ることが出来た。
混んでいると他人が気になったり、逆に他人の邪魔にならないように気を使ったりするものだけど今日はほぼ貸しきり状態でそんなこともなくとてもリラックスしてじっくり鑑賞できた。
街から離れた山の中の美術館〜しかも冬は気象条件も関係するからなかなか人は来ないだろうと思う。

美術評論家なかがわ・つかさの活動や視点を軸に昭和30年代高度成長へと向かう中での札幌の熱気溢れる美術界を生きた作家達の作品が集められたもので、実際に知っている作家の方がたくさんいらして30年代にこんな作品を発表していたのかととても面白く見せてもらった。
殆どの方が亡くなられているが、親しくお話させていただいたりアトリエにもお邪魔したり、いっしょにお仕事させてもらったり〜〜あの先生この先生懐かしい思い出が甦ったけれど・・・・死というものについても考えさせられた。こうみなさん亡くなられてしまうとネ・・・・
それだけ自分が長く生きてしまったということになるのかなぁ〜・・
昭和32年(6歳)に本州から北海道に移り住んだので、30年代の札幌の記憶はしっかりあって、今回の作家たちの生きた札幌の空気感を共有しながら当時の作品を見ることが出来た。


11-1-10a.jpg
着いた時はもう山陰に陽が沈みそうでした。
少しずつ日が長くなっているとは言えまだまだ冬の日は短い。
11-1-10b.jpg
これから入るところ
11-1-10c.jpg
出てきたところ---
日が落ちて、その代り建物の灯りがとても暖かくて綺麗・・・


11-1-10d.jpg
綺麗な三日月ぴかぴか(新しい)
雪の中を少し散歩しようとビニールズボン持参で行ったけどちょっと遅くなりすぎ;;寒すぎてや〜めた^^;;

雪景色の中に燈る灯りって本当に綺麗
冷たく澄んだ空気が体に中を巡ってすっかり浄化された気分♪
森に入る、綺麗なものを見る
時々そうして自分もすっきり綺麗にならなくちゃ


そして帰り道。
綺麗な<灯り>につい吸い寄せられて<<桜月 さくらムーン>>で1杯コーヒーを飲んで帰る事に。
11-1-10sakura1.jpg
ぶどうのアーチにイルミネーション。
11-1-10sakura2.jpg
運転中 綺麗なアーチの灯りが視界の端っこに----
一旦通り過ぎて〜次の信号でクルッとUターン(笑)

11-1-10sakura3.jpg

11-1-10sakura4.jpg

11-1-10sakura5.jpg
窓の立派なツララと桜の木に積もった綿帽子♪
ライトアップでキラキラしている。

きょうは思いがけず綺麗な灯りが見られて、気持ちのモヤモヤが少しだけ晴れたかな^^;;

posted by えり子 at 01:00| Comment(6) | 日記

2011年01月09日

久しぶりの大雪



11-1-8f.jpg

11-1-8a.jpg
数年ぶりの大雪です。
北海道は本来こうなんですよね〜ここ数年の暖冬や雪の少なさで気持ちまで緩んでました^^;;
でも地面が凍てついている庭や球根を仕込んだ鉢を眺めて心配していたので、ふんわりと雪に覆われた庭を見ると安心します。
とりあえず庭の積雪はもうOKなのであとはソコソコでいいですよ〜
そうは上手く行かないか***^^;;
今日も朝から降っています。

11-1-8b.jpg

11-1-8c.jpg

11-1-8d.jpg

11-1-8e.jpg
ソフトクリーム (*^-^*)

11-1-8g.jpg
時々晴れ間も見えました。


posted by えり子 at 08:43| Comment(0) | 日記

2011年01月06日

閉じこもり

年末年始の穏やかなお天気と打って変わって今日は朝から雪。
すっかり外は真っ白な雪景色。
しばらく雪と寒さが続くらしい。
上手い具合にどうしても出かけなくてはいけない用事もなかったので、じっと家に閉じこもって机上の仕事に明け暮れた。
断続的に雪が降りその合間にちょっと晴れる---そんな一日で、晴れ間を見て一度くらいは体を動かさないと~と思いハガキを出しに近くのコンビニまで歩いた。
みんなママさんダンプで雪かきに精を出しているなかを申し訳なく思いながら、雪かきは夫におまかせして私はまたすぐ家の中へ〜〜^^;;
気持ちが途切れないうちに仕事の続きを始めた。
冬になるとこうして閉じこもる日が多くなり、気持ちも塞ぎがちになるので気をつけよう。
11-1-6.jpg
曇り硝子にくっ付いた雪
いま私の机のあるアトリエの隅っこの窓は曇り硝子で外が見えない。
でもじっとよく見るとどんな雪がどんな風に降っているか、空はどんなかが解るし見えてくるから不思議〜
外に行って雪景色でも撮ってこようかと思ったけれど、ヘタレな私はコートを来て縦に長い家の一番奥から廊下を通って外まで行く気力もなく 
窓の写真でお茶を濁す    チャンチャン (~∇~;)
posted by えり子 at 19:38| Comment(0) | 日記

2011年01月05日

まだ御節の続き

今年御節料理は不精を決め込んで何も作らず過ごしましたが、いつも作っていたマリネがやはり食べたくて今頃作って食べています。
お重に入っていた鯛の尾頭付きも誰も手をつけなかったので、身をほぐして御酒を振ってレンジでチンしてから万能ネギといっしょに具材にしてダシ巻き卵を作りました。
鰻巻きではなく鯛巻きといったところでしょうか(笑)
なかなか良い出来でしたよ♪
明日は買ったまま置いてある黒豆を煮ようかなと思っています。
たくさんの御節を大晦日の夜中までかかって作るのはもうやめようと思いますが、年が明けてからゆったりした気持ちで一品ずつ楽しんで丁寧に作って食べるのはなかなか楽しくていいですねぇ〜^^
料理する事自体を楽しむ事が出来ます。疲れないし(笑)

11-1-5a.jpg
ホタテのマリネ

11-1-5b.jpg
酒蒸し鯛入りダシ巻き卵


昨夜、明日起きたらすぐ仕事に掛かれるようにと気合を入れて段取りをメモして寝たのにもかかわらず、午前中は仕事のメールやFAXを送ったり調べ物をしたりと順調だったのに、昼食をとった後どうもスローテンポになり大して仕事も進まないうちに夕飯のギョウザ作りの時間がきてしまった;;
あ〜あ、やる気とは裏腹に不完全燃焼でイマイチすっきりしないなぁ。
明日こそは今日は頑張った〜〜という充実感を味わえるようにちゃんとやろう。
1月は確定申告の準備も始めなくてはいけないし、まだまだ春に向けて発注もかけなくてはならないし準備したり考えなくてはいけないことがある。
あ〜それなのに愚鈍な自分が情けない。。。。。
posted by えり子 at 23:26| Comment(0) |

2011年01月03日

時代を感じて

11-1-3.jpg
夫の母方の祖母と祖父の写真
今日夫の母に新年の挨拶の為余市へ行って、祖父母のこんな写真を見せてもらった。
昔の箱型ラジオや火鉢や鉄瓶、そして手にしている扇子やうちわ。
二人とも着慣れた普段着の着物姿。自然体でその時代の暮らしがよく見える。
なんだかとってもいい写真。
私が佐藤家に嫁いでからこのおばあちゃんが私の尊敬する園芸の師匠になった。
98歳で亡くなる数年前まで住いから少し離れた自分の畑に通って、畑に建つおばあちゃん用の今でいうところのファームハウスで気ままに食べたいお昼を作って食べたりお茶を入れて一服しては一人土いじり三昧の暮らしをしていた。
花を咲かせても見事だし、おばあちゃんの作る野菜も素晴らしく美味しかった。
私はその頃花が好きというだけでまだまだ園芸のことは詳しくなかったけれど、おばあちゃんの畑の土の素晴らしかった事は素人目にもよくわかった。スコップがサクサクと何の力を入れずとも楽々刺さるのには驚いた。
これならお年寄りでも難なく耕す事ができるはずだ。
それから大きなカメに油粕を溶かした水を貯めて畑に撒いてもいた。
今ならもっとたくさん話もできたし、私が花屋になったことも喜んでくれただろうなと思う。

11-1-3a.jpg
そして今日は小樽でも時代を感じるこんな家を目にした。
水天宮に向かう坂道の途中にある懐かしいといったら失礼かもしれないが、そんな木造家屋。
ほうろうの煙突がとても可愛い♪今も売っているのだろうか?
どんな人が住んでいるんだろうか。。。たぶんきっと寒いよね。
断熱材は入っているんだろうかと心配になる。
いやいや上から目線で言っているわけじゃなくて、なんとなくお年寄りが住んでいるのじゃないかと思って。。。
私が小学生のころはまだ何軒かこんな家が残っていたな。
小樽は坂道と小路が交差する路地裏に入るとまだ時代を感じる建物やモノに出会える楽しさが残っていて時々来たくなる街。

11-1-3b.jpg
水天宮の鳥居をくぐってから海を見下ろす小山の上に建つお社にたどりまでには日蓮宗のお寺があり、キリスト教の教会がありといった具合でなんだか面白い(笑)
どの神様も仏様もみんな仲良く鳥居の中に居るんですね^^
それが階段の左側に順に並んでいるなんてね〜可笑しい^^

11-1-3c.jpg
これは水天宮さんの横にあった お稲荷さん。

11-1-3d.jpg
そして小高い丘の上に海を守るように建っている古くて味のある水天宮
11-1-3e.jpg
今日も気持ちよく晴れ渡る空と青いナギの海に誘われて立ち寄ってみた水天宮
前に散歩したとき偶然見つけたお豆腐やさんは見つからなかったけど、きっとあの時は別の坂道を降りたんだと思う。
また来よう〜そしてあの昔ながらのまるで商売っ気のない御豆腐やさんを探してみよう

お天気に恵まれた年越しとお正月三が日も今日で終り。
スイッチをパチンと切り替えて明日は2011年の仕事初め。
よいスタートを切れたと思える一日になるようにテキパキ・シャンシャンと働きますよ〜♪
posted by えり子 at 21:52| Comment(4) | 日記

2011年01月02日

お正月2日目


2011-1-2c.jpg
昨日 元日の夕飯時に娘夫婦が函館の嫁ぎ先の実家から我が家へと到着。
両方の実家に1泊づつお泊りして年越し&新年を祝っていきました〜〜〜

今日は午前中暖かく気持ちが良かったので小さな孫を連れて娘夫婦といっしょに2度目の手稲神社へ〜
2011-1-2a.jpg
帰りには孫達が貰ったお年玉でお菓子が買いたーいというものでローソンによって自分のお財布から気に入ったお菓子を1つずつ。
シールを貼って貰い上機嫌な笑顔〜満足した様子(*^-^*)

神社から戻り、昨日から仕込んであったカレーでお昼にすることに。
娘のところは今日の午後から仕事ということでカレーを食べると早々に自宅に帰って行きました。
明日は夫の実家に挨拶に行って----私達のお正月も終わります。
4日からは去年からの続きの仕事がんばります。
年末からお正月3が日ってほんとうにあっという間に過ぎていきます。
今年もまたあっという間の一年にはなるのでしょうが、少しはそんな中でも落ち着いた暮らし向きを心がけたいと思っています。
2011-1-2d.jpg
余った里芋とゴボウも入れて今日のカレーはお正月バージョン
自然光じゃないので美味しそうに撮れませんでしたが美味しかったんですよ〜♪
かなり辛いです。

2011-1-2b.jpg
トマトとモッツアレラがお正月っぽいでしょ^^

posted by えり子 at 21:27| Comment(2) | 日記

明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
今年も私&E*garden共々どうぞよろしくお願いいたします。
この度の札幌の年末年始は非常に穏やか。。。今日も日中は何とプラス気温でした♪


除夜の鐘とともに夫婦二人手を取り合って(ハハハ〜単につるつる滑るからですよ〜^^;;)初詣に行ってきました。
そしてまたまた、今日窓から射し込む気持ちのよい太陽光線に誘われて孫や娘夫婦と午前中再び参拝のため手稲神社へ〜!
除夜の鐘とともに行く深夜の初詣はたぶん30年ぶりのこと、更に2日連続神社に行くのは初めてのことです。
新年早々こんなに神社通いしたのだから何かいいこときっとある^^---
なんて事を思うのは不謹慎でしょうか^^;;
いやいや厄年の厄を祓ってもらい願い事を1個聞いてもらえたらそれだけで充分。
神様よろしくお願いしまーす。
2011hatsumoude1.jpg
手稲神社正門鳥居
並んで順番に進みます。寒くないのでへっちゃらです〜余裕余裕
闇に森や神殿や参拝客の人の波がぽっかりと灯りに浮かび上がる様は神秘さが漂います。
美しいです。。。。
大きな北海道神宮もいいけれど、地元の小さな神社も風情があっていいですよね〜^^


2011hatsumoude2.jpg

2011hatsumoude3.jpg

2011hatsumoude4.jpg
帰りは裏の鳥居をくぐって帰ります。

2011hatsumoude5.jpg
今年引いたおみくじ♪
金箔入り縁起豆硝子 開運おみくじ ¥300
おみくじといっしょに8種類の豆硝子のお守りのどれかが入っていてどれもとてもいい出来で可愛いんです♪
私のは 金銭亀---すごいでしょ(笑)
約1,5cm 可愛いんです♪ 金箔もばっちり!
さ〜良いおみくじも引いたところで、今年はより一層がんばらなくっちゃ

慣れないことをして、元旦早々すっかり朝寝坊^^;;
それでも大急ぎでお雑煮を作ってお神酒も頂いて元旦の祝い膳。
この歳になると大きな欲望もなく皆揃って元気にお正月を迎えられたことだけで充分と思えます。
2011-1-1a.jpg
家の中まで射し込む初日
2011-1-1b.jpg

2011-1-1c.jpg

2011-1-1d.jpg

posted by えり子 at 20:37| Comment(2) | 日記