2010年11月25日

引き続き冬支度の進んだ庭風景(11/24撮影分)


10-11-24a.jpg
随分さっぱりして気持ちがいいです。

10-11-24b.jpg
あ、クサツゲを縛るのがまだ数本しか終わっていなかった!
この画像で気がついた^^;;  やらなくっちゃ〜(汗汗)

10-11-24c.jpg

10-11-24d.jpg
ツルバラは地面まで下ろしては寝かせません。
他ノバラも越冬の為寝かせた事はありませんが、手稲ではOKです。
鉢バラも寝かせません。
ポンと雪の降り積もるところに置いておきます。
今までダメになったバラは皆無です。

10-11-19nagori-r1.jpg
10-11-19nagori-r3.jpg
10-11-19nagori-r2.jpg
名残惜しいけれど、また来年ね・・・といってチョキン。。。

お陰さまでパソコンが前のように動くようになりました。
もう少しこのパソコンでも大丈夫みたいです。
良かった〜これでとりあえず年の瀬に散財せずに済みそうです。
posted by えり子 at 07:58| Comment(2) | 園芸

冬支度が進んで少し安心


昨日アップした14日の庭と比べてみると冬支度の進んだ今の庭・随分殺風景になってしまったかと思いきや、竹が刺さった様子も黒い地面が多く見える庭もまたそれはそれで別の趣があるなぁと眺めています。
庭(自然)って花が咲いていてもいなくても緑が茂っていてもいなくてもいいものだとつくづく思う。
自然てどんな形でも何か人の心を震わせる力がある。
子供の頃から感動しいの私はなんでもない自然の風景から深い感動をもらえる性格(たち)。 それって得してる 笑


10-11-22a.jpg
インスタレーションとは言わないが、切り取ったノイバラの枝をまとめて積んだ形も綺麗だった。
10-11-22c.jpg

10-11-22b.jpg
紫玉の後ろにあるノイバラ(ムルチフローラ)の古木を根元からばっさり切って半分ほどにボリュームダウンしました。
3メートルあろうかというヒバの垣根のさらに上から覆いかぶさるように見事に降りそそいで咲いてくれていましたがさすがに大きくなり過ぎました^^;;
例年これからヒヨドリのご馳走になるはずだったノイバラの実ですが、今年は半分しか提供できなくてキイキイ鳥さんごめんなさいね〜

こんなにたくさんの自前のローズヒップ♪
シンプルに赤い実だけのリースでもつくろうか♪


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

10-11-22d.jpg
焼しめ鉢のシモツケが今頃綺麗に色づいている。
妄想族の私は9pポットのこんな小さい苗木から大きな山の見事な紅葉を想像できてしまう(笑)
将来は盆栽に移行かな?それもまた奥が深いからね〜次々とやりたいことは見つかるものだ。
ビオラとこのシモツケを残して、後ろ半分に植わっていた何か(もう忘れた^^;;)を抜いて
ずっとスタンバイしていた^^;;
その空いたスペースにやっと球根を埋めて来春のための一鉢が出来た♪
ほかにも鉢植え、地植えと球根すべて収まるところに収めたので、胸を撫で下ろしています。


10-11-22e.jpg
10-11-22f.jpg
弱剪定を兼ねて切り取った花も ポイ できない。
切っては水に挿して---

以上が22日撮影分です。

*〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜*
↓おまけ  20日に行われた孫の保育園の発表会(午前) 
午後はしっかり暗くなるまで庭仕事しました。 
10-11-20.jpg
posted by えり子 at 06:21| Comment(4) | 園芸